コラーゲンドリンク

ヒアルロン酸とコラーゲンについて知っておこう!

ヒアルロン酸は、コラーゲンと同じくお肌にとってとても大切な役割を果たしています。ヒアルロン酸は細胞の間にあるムコ多糖類の一種で、保湿・保水力が極めて高い成分なのです。ヒアルロン酸はコラーゲンと同じくお肌の潤いに欠かせない成分だといえましょう。

ヒアルロン酸はコラーゲンと同じく40歳代をピークにして減少していきます。ですからヒアルロン酸とコラーゲンを意識して取り入れることで、お肌のみずみずしさを保つことは大切なのです。

ヒアルロン酸は、1gで5~6リットルの水分を保持できるというくらい保水力に優れています。また、ヒアルロン酸は、コラーゲン組織とエラスチンを結びつける働きもします。エラスチンは、コラーゲンと同じところにあり、細胞と皮膚をつなぐ役割をしています。

エラスチンが減少すると、お肌のしわやたるみなどを引き起こします。コラーゲンと結びつくことでお肌のハリを保ってくれると思われます。ヒアルロン酸とコラーゲンは大切な関係にあるのです。

潤いのあるお肌のために、ヒアルロン酸とコラーゲンを積極的に摂っていきたいですね。今はヒアルロン酸とコラーゲンをミックスした製品もたくさん出ています。

お肌のために大切なヒアルロン酸やコラーゲンですが、そのほかにも大切な成分はあります。たとえばビタミン類です。ビタミン類は、コラーゲンの生成にも必要であり、新陳代謝を高めてくれます。

またビタミン以外にもセラミドもお肌のためにコラーゲンとともに働いてくれます。蓄えた水分を蒸発させない働きをしてくれるのです。ヒアルロン酸以外にも、これらの成分を積極的に摂っていきたいですね。

コラーゲンの摂取量

コラーゲンの摂取量は、1日に約3~10g摂取するのがよいとされています。また、お肌のためのコラーゲンの摂取量は1日3~5gといわれています。魚の頭や鶏の皮は20~80%がコラーゲンです。毎日の食事で必要な摂取量を摂りたいものです。

また、コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ると、正常なコラーゲンがつくられ、ハリのあるみずみずしいお肌を保つことができます。また日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、美白効果もあると考えられています。コラーゲンと一緒にビタミンCをしっかり摂りたいですね。

最近のコラーゲンドリンクでは、コラーゲンにビタミンCを配合したものもたくさん出ています。できれば食事でコラーゲンを摂りたいものですが、なかなか難しい側面もあります。コラーゲンドリンクを効果的に利用して、みずみずしいお肌を保ちましょう。

コラーゲンは真皮の主成分で、ハリと弾力のある美しいお肌作りに重要です。人間の体は毎日新陳代謝で合成と分解を繰り返しています。ですからコラーゲンも毎日補給してあげることが必要です。

美容と健康を考えるならば、1日に必要な摂取量のコラーゲンを食事やコラーゲンドリンクで摂取することは大切です。肉や魚の骨と皮、牛すじ、貝類のほかにも、ブロッコリーや苺、ほうれんそうなどの野菜や果物にコラーゲンは含まれています。コラーゲンドリンクだけでなく、意識して食事にもコラーゲンを取り入れましょう。

コラーゲンドリンクを利用するならば、毎日きちんと摂取しましょうね。

コラーゲンの歴史について

コラーゲンはずっと昔から生活の中で使われていました。昔はよく動物の皮を使って服や日用品を作っていましたが、その主な原料がコラーゲンでした。

コラーゲンとは、「にかわをつくるもと」という意味の言葉ですが、このにかわがゼラチンです。コラーゲンを煮詰めることでゼラチンを作っていたのです。

つまりコラーゲンの歴史は、古代エジプトのにかわ作りから始まったといえましょう。にかわは主に接着剤として使われていました。そして生活に溶け込んでいったのです。

コラーゲンの本格的な工業生産は、1690年代のオランダでのことでした。その生産は広がり、1700年代に入るとイギリスでは主要な産業となりました。1800年代には、フランス、アメリカ、ドイツなどにも伝わり、完全に工業化されて今に至ります。

コラーゲンはお菓子や写真用フィルムに使われることが多かったようです。
日本で工業化されたのは1900年代に入ってのことです。西洋に遅れをとったのは、寒天の利用が考えられます。日本は昔からゼラチンではなく寒天を食用に使っていたので、そのためだと思われます。日本でゼラチンの利用が広まったのは、100年ぐらい前だといわれています。

今では、健康食品や化粧品、また錠剤やカプセルなどの医療用ゼラチンとして利用されています。コラーゲンが健康食品として脚光を浴び始めたのは最近のことなのです。キレイのもととして、今では健康食品や化粧品に使われているコラーゲンは、こんな歴史を持っているのです。

新着情報

運動するにはサポーターが必要になった "健康のために運動は欠かせませんよね。 私は以前膝の手術をしたので、運動をすると...
クセ毛がコンプレックスです "私がコンプレックスに感じている部分は、髪の毛です。幼い頃からクセ毛で剛毛なため...
私の朝は白湯を飲み、ラジオ体操で始まります "子供の頃から便秘気味で、毎回お腹が張って苦しくて大変でした。 大人になってから...
私は、キャベツの千切りが大嫌いです "野菜は、ほとんどなんでも大好きなのですが、ただ一つ苦手なものがあります。 それ...
ヨーグルトと果物 "私が毎朝健康のために食べているものは、ヨーグルトと果物です。ヨーグルトはできれ...