トップページ > お腹がすくとレタスをバリバリ食べていました。

"今はどの野菜も年中ありますが、やはりその旬に食べる野菜はおいしいです。
レタスは本当の旬は4月から9月なのでこの時期の露地ものは本当に美味しく感じます。

レタスは成分的には90%以上が水分です。
なので栄養的には他の野菜に多少劣るかもしれませんが、栄養素のバランスという点ではとても優れています。

βカロティン、ビタミンB群、ビタミンCやE、それにカリウム、鉄分、ビタミンKなども含まれています。
特に含まれている葉酸は動脈硬化を防いだり、また赤ちゃんの成長に必要なビタミンですので妊婦さんにはありがたい野菜です。

ただ種類によっても栄養素に差があり、サラダ菜やリーフレタスは玉レタスに比べると比較的栄養素は多めです。

以前ダイエットをしていたころ、いつも夜中にお腹がすくのでレタスをバリバリ食べていました。
ドレッシングなどもってのほかなので味も無いまま食べていました。
しばらく食べているとあごがつかれて眠くもなるので、とても良かったです。
"