トップページ > コラーゲンとは

コラーゲンとは、ヒトをはじめとする動物の体内にもっとも多く含まれるたんぱく質の中の1つです。ヒトの体は約20%がたんぱく質で、その3分の1はコラーゲンでできているのです。

コラーゲンは体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節、目、髪などいろいろな組織にあり、主に細胞のつなぎを担っています。コラーゲンは人間の体に欠かせないものなのです。

しかしコラーゲンは、20歳を過ぎるあたりをピークとして、加齢とともに減少していきます。コラーゲンが減少すると、しわやたるみなどの皮膚のトラブルや関節の痛みや変形、骨の衰えなどが出てきます。これを防ぐためにも、コラーゲンを積極的に摂取し、コラーゲンの新陳代謝を活発にすることが肝心になってきます。

なぜコラーゲンが減少するとそうなるかというと、コラーゲン同士が結びつく不自然な箇所が多くなり、そのため水分を保つ場所が狭くなります。

そして保湿効果が衰え、肌の水分が不足するのです。また軟骨にも多く存在するコラーゲンが減少すると、ひざが痛んだり変形の原因となります。骨ももろくなり、骨粗しょう症の原因ともなります。髪も細くなりつやもなくなります。

コラーゲンは血管にも影響を与えます。体全体に張り巡らされた血管は、体に必要な物質を運んだりする私たちが生きていくために欠かせないものです。

この血管には細かい傷が絶えず生じていて、それを修復するのにコラーゲンが働きます。コラーゲンが不足すると血管が傷ついたままとなり、そこから血液中のコレステロールなどが侵入しやすくなります。

その積み重ねが血管を圧迫し、そこにカルシウムなどが重なって固まると血管は壊れやすくなってしまいます。そうなると、脳出血や心筋梗塞など命にかかわる病気を引き起こすことになるのです。

このようにコラーゲンは、美容だけでなく健康にも大きな影響をもたらすたんぱく質なのです。

ブーツだけだと思うな!UGGサンダルも見逃せない