トップページ > 動物性コラーゲン

コラーゲンには動物性コラーゲンと海洋性コラーゲンがあります。動物性コラーゲンは、主に豚や鶏から抽出したものが利用されています。

以前は牛から抽出したものも利用されていましたが、牛の深刻な病気の問題が起こったことで牛の成分をつかうことが厳しく制限されるようになりました。そのため今では豚と鶏がメインになっています。

アニマルコラーゲンとも呼ばれる動物性コラーゲンは、豚や鶏のトサカなどのたんぱく質から抽出しています。動物性コラーゲンは、熱に強く、加工しやすいため、昔から多く利用されてきました。しかし、使いやすい反面、濃度を上げていくと独特の臭いが出てくることが欠点かもしれません。また、動物性コラーゲンは脂質やカルシウムなどが含まれているので、純度が下がりがちになります。

動物性コラーゲンは、人間の体内では消化が遅く、吸収にも時間が少しかかります。これは豚などの体温が37℃~38℃で、人間の平熱より少し高いためです。一般的に人間の体内で吸収されるときの温度は35~43℃といわれていて、だいたい4~5時間ほどの時間をかけて吸収されていきます。

動物性コラーゲンをつかったコラーゲンドリンクは、研究を重ね、より消化がしやすく吸収されやすいように改良を加えています。

ヒトと同じ動物である豚や鶏から抽出されるコラーゲンは、ある意味ヒトとの相性も良いといえるでしょう。とはいえ、安全性をしっかり確認して、より良いコラーゲンを使っているコラーゲンドリンクを利用するようにしましょう。