トップページ > コラーゲンペプチド

コラーゲンを体内に効率的に取り入れるために、どんな方法をとれば効果的なのか…これをテーマとして考えたときに出てきたのがコラーゲンペプチドです。

ペプチドとはたんぱく質が最終段階のアミノ酸になる直前の代謝物質のことで、アミノ酸がつながったものを指します。コラーゲンが分解される過程でペプチドができますが、このペプチドがコラーゲンと密接なかかわりを持つといわれます。

コラーゲンペプチドとは、コラーゲンを、食塩、酵素、活性炭、精製水といった安全なものだけを利用してコラーゲンを分解し、低分子化したものです。一般的に食品市場でいうコラーゲンは、コラーゲンペプチドなのです。コラーゲンペプチドを食品として摂取した場合、体内でアミノ酸に分解しやすくなるため、吸収性が高くなる効果があります。

コラーゲンペプチドには、粘膜を保護し、胃潰瘍の出血を予防する働き、新陳代謝を高めて骨を丈夫にする働き、骨を形成する働き、血圧が上昇しすぎるのを防ぐ働き、お肌の真皮層で組織を活発化し、うるおいと弾力を保つ働きなどがあるといわれています。実に重要な働きをするのがコラーゲンペプチドなのです。

コラーゲンペプチドは体内で吸収しやすいという特徴と保湿性があり、コラーゲンドリンクなどに利用されています。冷やしてもゼリーとならないので、飲み物やスープとして利用する場合にもゲル化させることがなく、摂取しやすい特性を持っています。まさにコラーゲンドリンクに最適なのです。

大阪府で人気のブライダルエステ ランキングとなります。